技術研究・創意工夫で、安全で快適な道路環境をつくります。


弊社は、安全で快適な道路環境を守る為、道路施設の予防保全・維持管理を通じ、社会に貢献する会社です。


株式会社関東技研

全天候型舗装補修材「エース・パッチ」の製造販売を行っています

全天候型舗装補修材「エース・パッチ」の製造販売を行っています
全天候型舗装補修材「エース・パッチ」の出荷量は、製造開始より、おかげさまで10万袋を超えました。 【施工性】 ●粘性...

クラックカットシール工法で、舗装の予防保全に取り組んでいます

クラックカットシール工法で、舗装の予防保全に取り組んでいます
財政的制約に加え、地球環境保全が叫ばれる中、舗装においても従来の維持管理費より少ない費用で、永く健全な状態を保つこと...

標識・区画線等の交通安全施設及び景観造形の施工を行っています

道路標識・区画線その他道路交通安全施設に関する調査、企画、設計及び施工が、弊社の創業以来のメインプロダクトです。 (...
新着情報
  • 2015.07.16 埋設型ジョイント(MMジョイント)設計・施工が追加されました 橋梁床版下面増厚工法(スーパーホゼン式工法)
  • 2014.09.25 弊社ホームページを開設しました。
会社概要
概要
会社名株式会社関東技研
郵便番号407-0263
住所
山梨県韮崎市穴山町三ツ石8786
地図を表示
電話番号0551-22-3235
FAX番号0551-22-7271
設立昭和53年12月
資本金20,000千円
事業内容道路交通安全施設(道路標識・区画線・カーブミラー等)設計・施工
道路舗装の予防保全工法 クラックシール工法施工
全天候型舗装補修材『エース・パッチ』の製造・販売
橋梁埋設型ジョイント(MMジョイント)設計・施工
民間駐車場施設(ライン・車止め・フェンス等)新設・補修
橋梁床版の長寿命化(スーパーホゼン式工法)設計・施工
標識柱等根腐れ防止・補修・補強SCFR工法 施工
代表取締役浅川 貴
役員代表取締役 浅川 貴
取締役   浅川壽満子
取締役   庄司清志
株主浅川 貴
浅川壽満子
カテゴリ土木分野、土工、土木工事、舗装工事、白線・保安施設設置、造園、設計、アスファルト合材、フェンス、遊具
株式会社関東技研
代表取締役メッセージ
浅川 貴
【経営理念】
「社会から必要とされ続ける企業として、安全で快適な道路環境づくりを通じて、技術研究・創意工夫に最善を尽くし、
全従業員の物心両面における幸福を追求する。」

弊社は、経営理念に定めた「安全で快適な道路環境づくり」に、昭和53年の創業以来40年近く取り組んでまいりました。
創業当初は、道路新設に付随した工事物件が多く発注されていましたが、地球環境問題が論じられる昨今では、予防・補修工事の重要性が叫ばれ、新技術・新工法が次々と開発されています。
そのような環境の中、経営理念のもう一つの柱である「技術研究・創意工夫に最善を尽くす」の下、全天候型舗装補修材(エース・パッチ)の製造・販売、舗装の予防保全工法(クラックカットシール工法)の施工を通じて、限られた資源を永く使う循環型社会を目指していけたらと考えています。

今後も、技術研究・創意工夫を怠らず、「安全で快適な道路環境づくり」に、全社挙げて取り組んでまいります。
資格
建設業許可 山梨県知事(般)19-004583号

一級土木施工管理技士 3名
二級土木施工管理技士 1名
一級建築施工管理技士 1名
二級建築施工管理技士 1名
一級造園施工管理技士 2名
路面標示施工技能士  7名

(一社)全国道路標識・標示業協会 会員
日本MMジョイント協会 会員
山梨県路面標示施工技能士会 会員
(一社)日本建設保全協会 会員
(一社)SCFR工法協会 会員
取引先
国土交通省・山梨県・山梨県内各市町村・長野県内各市町村・損害保険会社・民間(駐車場オーナー様など)
沿革
昭和53年12月    株式会社関東技研 設立
平成 2年 3月    新社屋完成移転
平成13年 5月    全天候型舗装補修材(エース・パッチ)製造・販売開始
平成16年 5月    ISO9001,2000年版認証取得
平成23年 1月    クラックカットシール工法営業開始
平成26年10月    MMジョイント営業開始
平成27年12月    SCFR工法営業開始
平成28年 6月    スーパーホゼン式工法営業開始
トップへ戻る
商品・お勧め情報
全天候型舗装補修材「エース・パッチ」の製造販売を行っています問い合わせる
土木分野

全天候型舗装補修材「エース・パッチ」の製造販売を行っています

全天候型舗装補修材「エース・パッチ」の出荷量は、製造開始より、おかげさまで10万袋を超えました。

【施工性】
●粘性コートや接着剤等の下準備は一切必要ありません。
●激しい交通量の道路でも補修後直ちに開放し、通過車両によって転圧され補修完了します。

【耐久性】
●タイヤに付着しません。
●反剥離剤の効果により、強力な結合力を発揮するパッチ材です。長期に渡る転圧で、さらに硬化強度を増加させます。

【全天候】
●全天候型で、雨の中または-25℃の激しい天候条件下でも使用できます。
●夕立など突然の降雨のため加熱アスファルト合材を破棄したりして、材料を無駄にすることがありません。

【保存性】
●長期保存ができ、劣化の心配がありません。

【一般消費者の皆様に】
私道や駐車場のアスファルトに出来たちょっとした「穴」「ひび割れ」「轍」も、放っておくと事故のもと!

当社で製造販売しております、全天候型舗装補修材「エース・パッチ」は、コストも手間もかからない、誰にでもすぐ出来る舗装補修材です。

お気軽にご相談ください。
全天候型舗装補修材「エース・パッチ」の製造販売を行っています全天候型舗装補修材「エース・パッチ」の製造販売を行っています全天候型舗装補修材「エース・パッチ」の製造販売を行っています全天候型舗装補修材「エース・パッチ」の製造販売を行っています
クラックカットシール工法で、舗装の予防保全に取り組んでいます問い合わせる
土木分野

クラックカットシール工法で、舗装の予防保全に取り組んでいます

財政的制約に加え、地球環境保全が叫ばれる中、舗装においても従来の維持管理費より少ない費用で、永く健全な状態を保つことが求められています。
弊社では、「クラックカットシール工法」で、舗装の予防保全に取り組んでいます。

「クラックカットシール工法」は、アスファルト舗装表面のひび割れ形状に沿ってペーブメントカッターにより溝を切り込み、その溝にEZメルター500(注入機能付き溶解機)にて溶融した特殊加熱シール材を注入する工法です。

【「クラックカットシール工法」の特徴】
●ひび割れ部に溝を切り込むため、シール材の充填性が向上すると共に、カット面が新しくなりシール材の付着力が高くなる。
●溝幅より広くオーバーバンド施工するため、微細なひび割れもシールされ防水効果が高くなる。
●路面の年間温度差により、カッティングの幅と深さ及び使用材料を選択する。
●注入厚さがほぼ均等で凸凹が少なく、車両の走行性が良好である。
●小型の機械施工であるため作業スペースが小さい。

【「クラックカットシール工法」の施工実績】

平成23年初頭より「クラックカットシール工法」を施工するための機械設備を導入し、平成28年7月現在までに、山梨県・長野県並びに神奈川県内の行政機関や民間向けに、「クラックカットシール工法」による舗装の予防保全工事を、シール単独工法を含め、52件(57,766m)施工させていただきました。

クラックカットシール工法で、舗装の予防保全に取り組んでいますクラックカットシール工法で、舗装の予防保全に取り組んでいますクラックカットシール工法で、舗装の予防保全に取り組んでいますクラックカットシール工法で、舗装の予防保全に取り組んでいますクラックカットシール工法で、舗装の予防保全に取り組んでいます
標識・区画線等の交通安全施設及び景観造形の施工を行っています問い合わせる
土木分野

標識・区画線等の交通安全施設及び景観造形の施工を行っています

道路標識・区画線その他道路交通安全施設に関する調査、企画、設計及び施工が、弊社の創業以来のメインプロダクトです。
(一社)全国道路標識・標示業協会会員として、交通安全施設に関する研究開発及び技術の向上を通じて、安全で快適な道路環境づくりを目標にしています。
 また、一般のお客様といたしまして、店舗駐車場・工場通路・月極駐車場等のライン引きや車止め・フェンス・看板等の新規設置及び補修工事も行っておりますので、お気軽にお問い合わせ願います。


標識・区画線等の交通安全施設及び景観造形の施工を行っています標識・区画線等の交通安全施設及び景観造形の施工を行っています標識・区画線等の交通安全施設及び景観造形の施工を行っています標識・区画線等の交通安全施設及び景観造形の施工を行っています標識・区画線等の交通安全施設及び景観造形の施工を行っています
トップへ戻る
設備・実績紹介
EZメルター500
EZメルター500
クラックシール材・MMジョイントバインダー溶解及び注入に使用
(溶解能力500㎏/時間)
ペーブメントカッター200
ペーブメントカッター200
クラックカットシール溝切削に使用
(クラックに合わせ曲線に切削可能)
道路標示工事車(ニーダー車)
道路標示工事車(ニーダー車)
溶融式区画線材料溶解窯搭載車
道路標識工事車(ユニック車)
道路標識工事車(ユニック車)
2.3t吊りクレーン搭載車
道路維持工事車(安全パトロール車)
道路維持工事車(安全パトロール車)
道路安全施設の保守・点検パトロールに使用します
エース・パッチ製造工場
エース・パッチ製造工場
エース・パッチは山梨県の弊社工場にて製造しております
工事経歴(土木工事、標識・標示工事)平成21年以降
平成21年10月 国道141号道路工事
平成22年11月 国道411標識補修工事
平成23年 9月 韮崎高校防球ネット設置工事
平成24年11月 道路標示更新工事
平成25年 5月 国道141号外30路線道路標識・区画線業務委託
平成26年 7月 国道140号(西関東連絡道路)付属施設工事その2
平成27年 6月 (主)甲府韮崎線外区画線設置工事(明許)
平成27年 6月 国道141号外30路線道路標識・区画線業務委

工事経歴(クラックカットシール工法)
平成23年 4月 サントリー登美の丘ワイナリー 駐車場等管理業務
平成23年 6月 山梨県中北建設事務所 緊急道路補修業務委託
平成24年 5月 山梨県道路公社 富士スバルライン維持工事
平成24年 5月 (株)アミーク 駐車場クラック補修
平成24年 6月 山梨県富士東部建設事務所 業務委託
平成24年11月 山梨県中北建設事務所 舗装路面補修工事
平成24年12月 山梨県韮崎市役所 道水路応急処理業務委託
平成25年11月 山梨県峡南建設事務所 国道300号舗装補修工事
平成27年 7月 山梨県中北建設事務所 緊急道路補修業務委託
平成28年6月 山梨県中北建設事務所 舗装補修業務委託
トップへ戻る
求人情報
業種現在募集は行っておりません。
職種現在募集は行っておりません。
トップへ戻る
お問い合わせ
当社で製造販売しております、全天候型舗装補修材「エース・パッチ」は、コストも手間もかからない、誰にでもすぐ出来る舗装補修材です。
お気軽にご相談ください。
担当者浅川
電話番号0551-22-3235
携帯電話090-3146-0938
FAX番号0551-22-7271
トップへ戻る